ロサンゼルス中の著名レストランのエプロンを改革 Hedley & Bennett

Category : ダウンタウン モノ・コト
HedleyandBennett2.jpg
TANGERINE APRON & SANDY MINI BISTRO APRON
(All photos courtesy of Hedley & Bennett)


Hedley & Bennett のオーナーエレン・ベネットとは
正直どこで出会ったのか覚えていない。
多分、近所のちょっとしたパーティーじゃないかと思う。
そして出会った時には
彼女がどんな仕事をしてるか聞いていなかった。

ところが少し前に、彼女がフェイスブックで
Los Angeles Magazine という
有名な雑誌のリンクをシェアして
たまたまその記事を読んで驚いた。

ロサンゼルス中の著名レストランで使っている
エプロンやシェフコート等のキッチン制服は
大抵彼女がつくっていると言っても過言ではない。

ダウンタウンのすぐ北の
グレンデール出身の彼女は
19の時にメキシコへ渡りレストラン経営を学ぶ。

そのメキシコでシェフをした後
イタリアやギリシャでインターンをし
アメリカへ戻って来た彼女は
LAの有名フレンチレストランの
プロビデンスでラインシェフとして働く。

因にこのプロビデンスは
ボクがLAで好きなレストランの5店に入る。

話しを戻して、プロビデンスの後、ダウンタウンの
Lazy Ox Canteen で働いている時に
彼女はそれまで全く注意が向けられていなかった
キッチン制服の問題やつまらなさに目を向けた。

2012年に Hedley & Bennet をつくり
そこからはユニフォーム作りに全速力、
レストラン業界では名の知れる存在になった。
ウェブサイトの顧客リストをみても
蒼々たるレストランが名を連ね
日本でも良く知られるノブ・マツヒサも含まれる。

その彼女のサクセスストーリーを聞いた時にはすぐ
成る程と納得がいった。
確かにいままで素敵なキッチン洋服を
専門に作っているブランドは聞いた事がない。

ボクは料理を結構する。
そして料理する時はエプロンをする。
今家で愛用しているのは、黒のエプロン。
某有名キッチンウェア店で買ったものだが
そんな店ぐらいしか売っている店を知らない。
デパートに行けば数点あるぐらいだろうか?

そんな時に彼女のエプロンを観ると心が躍る。
彼女がシェフをしていた経験から
ポケットの位置や大きさ、タオル掛け等
細かい所に気が配られているのが判る。

彼女のユニフォームは全てここダウンタウンで
手作業で1つ1つ作られる。

それもあってか、ウェブから普通に買うと
そこそこの値段する。
ただ、ほぼ毎日身につけるものなので
使用頻度を考えれば出しても良い値段。

エプロンの種類も一般のフルから
腰から下のビストロエプロン
そして子供用まである。
なかなか憎い品揃えだ。

まだ20代の彼女、
マーケティングの仕方も
インスタグラムやSNSを通して
基本口づてのみの今風スタイル。

日本に上陸する日も近いか?


The Apron Artistry of Ellen Bennett from FoodieTV on Vimeo.



Ellen Bennett and the Aprons of Hedley & Bennett - Hanging with Harris from Small Screen on Vimeo.



HedleyandBennett1.jpg
FISH STICK APRON & MICHAEL WHITE APRON


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

No title

彼女のサクセスストーリーすごすぎるよね。
どうしてここまでこのスピードでいけるのだろう??と思ったけど、彼女のINTERVIEWをラジオで聞いてて、人柄?が大きいだろうなと思った。とにかく、すごいpositiveさと明るさ。
本当にうらやましい・・・・とんとんとんとんとビジネスが大きくなってるのがw あとは、やっぱりコネクションだろうなぁ。彼女とっても顔が広そう、ま、それもやっぱり人柄からくるんだろうけど。

そうだねー

確実に無茶苦茶ポジティブなのと人懐っこい性格だろうねー。年とってたらしつこくなるけど、若いし(笑)。

そんな人柄がでてるyoutube動画があったんだけど、このページの他の写真や動画と幅が合わないというなんとも心の小さい理由で載せなかったけど、もう一度探したら同じのがvimeoでもあったので載せておきます(笑)。
非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント