LAの大晦日はダウンタウンのグランドパーク

Category : ダウンタウンニュース
アメリカの大晦日といえばやっぱり
ニューヨークのタイムズスクエアー

因に大晦日は
New Year's Eve で NYE と略される。

日本と違いアメリカには国内に時差があるため
ニューヨークが大はしゃぎしている頃
ロサンゼルスはまだ夜の9時という事態になる。

TVではニューヨークのカウントダウンを
ロサンゼルスで3時間後に録画放送する始末。

それもあってかLAでの大晦日は
今までイマイチ盛り上がりに欠けた。

NYの様なカウントダウンを求める人は
LAを脱出してラスベガスへ行っていた。

ところが2012年にダウンタウン
それもLA市庁舎前にグランドパークができ
LAの象徴としての中心が出来た。

去年2013年にはNYEパーティーが開かれ
予想の3倍、2万5千人もの人々が訪れた。
予想以上の人数に混乱もあった。

そして今年2014年は3万人を予想し
5万人も可能な体制を整えているらしい。

LA Times
Organizers promise bigger New Year's Eve celebration at Grand Park

ゲートオープンは7時。入場無料。
セキュリティーチェックがあるので注意。

3つの音楽ステージでのパフォーマンスや
市庁舎の壁2面に22階もの高さまで
デジタルイメージが映される。

3Dマッピングや
インスタグラムで集められた
ロサンゼルスを表す130もの写真が予定される。
こちらに数枚載っているが既にどれもが
技術に頼らず、心に響いてくる写真だ。

詳しい内容はイベント公式ページ
NEW YEAR’S EVE L.A.で。

また大晦日31日午後9時から
翌1日午前2時まではメトロが無料になる。
もちろんバスも電車も。

ただ、最近の寒さはそのまま
かなり冷え込む事が予想されているので
出かける際にはくれぐれも温かく。


来年も引き続きよろしくお願いします。


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント