食材も見た目もイマドキなアジアンフュージョン丼 ediBOL

Category : レストラン 一般
ediBOL
エディボル
web / yelp / map


ediBOL01.jpg


最近になってやっと店が開き始めた
アーツ・ディストリクトワン・サンタフェ。

そのうちの1店がここエディボル。
いろいろな食材がライスに乗った
いわゆる「丼」が中心メニュー。

店名のBOLは多分、丼=bowlからきていて
edible は食べられるという意味で
それにも掛けられていると思われる。

ただ、丼といっても、
ボクの大好きな天丼や
牛丼、海鮮丼はない。

下の写真のように肉や野菜が
アジアン風に調理され
味の付いたライスの上にのっている。

上の写真は変則メニューで
ライスの代わりにラーメン。


ediBOL02.jpg


ediBOL03.jpg


実は初めて食べるまでは
見た目からボクは少し敬遠気味だった。
野菜や酸っぱいものが嫌いなので。

ところが食べてみると
どれもしっかりした味付けで
ある意味アメリカ人好み。
ボクの好みにはぴったり。

追加トッピングで頼む
豚バラは八角がかなり効いていてうまい。

そうなるとフレッシュな野菜も
ちょっとした舌休め的になって良い。

写真にあるカリフラワーのつまみは
さすがに酸っぱすぎてだめだった。

唯一気になるのは値段。
基本の丼が大抵$9。
タンパク質系(肉系)は
全てオプションとなっていて
例えば牛肉を載せると +$5。
合計 $14はなかなかの値段だ。


ediBOL04.jpg


そんなクリエイティブなメニューを出す
この店のオーナーは日系人の上田(多分)さん。
今は普通に店に立つ。

上田はそのままローマ字にすると Ueda だが
こちらに長い人は大抵 Uyeda にしていて
まさにここのオーナーもそう。

隣人のダウンタウンブログ
DOWNTOWN a MUSE によると
祖父母の代からリトル東京付近で暮らしてきた。
この地に根付いたオーナーということだ。


ediBOL06.jpg


ediBOL05.jpg


店内には大きなカウンターがあり
その周りにハイテーブルや
普通の高さのテーブルが並ぶ。

店内はそこまで広くないが
店の外にはかなりの数の
パティオ席がある。
LAの気候なら最高だ。

ただ、そんな店が開店した今年に限って
100年に一度の大雨の雨季(冬)と言われる。
さすがに大雨の中パティオ席は苦しい。

そんな想定外にも生き残って欲しい。

予算:$20(飲み物+食べ物)
服装:カジュアル
駐車:P有り、St.P可


ediBOL07.jpg


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント