ダウンタウンの新名所 現代美術館 The Broad

Category : ダウンタウン 場所・建築
The Broad
ザ・ブロード
Web / Map

TheBroad01.jpg


最近記事がアーツ Dist ばかりになっていた。
なので久しぶりにバンカーヒル。

去年2015年の10月に
この新現代美術館ブロードがオープンした。

このブログで最初にここの話をお伝えしたのは
計画が発表された2011年の1月、
それから何度か建設中の様子をお伝えした。


オープンはメディアでもかなり取り上げられ
無料だが予約制なこのミュージアム
オープン当初はすこし先になるぐらいだった予約が
この記事を書いている2月の半ば現在
5月の頭、つまり3ヶ月近く先まで一杯だ。

ただ、ご安心を。
予約がなくても待ちさえすれば入れる。
公式ページによると現在
平日は30-45分、休日は60-90待ちだ。

この人気と混み具合は
この先落ち着くかもしれないし
しばらく続くかもしれない。
状況が変わると思うので
訪れる際にはサイトで再確認を。


TheBroad02.jpg
当日のウェイティングライン。


TheBroad03.jpg
正面入り口。右半分の列は予約ありの列。無しは左から上の写真へ。


TheBroad05.jpg


建物は3層になっていて
1階はロビーと一部展示
2階は収蔵庫+アドミン
3階がメインの展示スペース。

1階から3階へ上がる
エスカレーター、階段、エレベーター
のあたりがロビーと共に
有機的な形をしているのが
インテリアの特徴の一つ。

現代の建築では有機的な形を
どうつくるかが大きなテーマ。

アーティストが彫刻をつくるのと違い
デザイナーがいて、それをつくる人がいる。
意図した3次元のものをどう伝え、
どう技術的、経済的に可能にするかは
「粘土細工の大きいバージョン」と
簡単に片付けられない。
最近のコンピューター技術が
徐々にギャップを埋めつつある。

そんな課題に
早い時期からチャレンジしたのが
このすぐ隣にある
ディズニーコンサートホール。
すごい建物が2棟並んでいる。


TheBroad04.jpg
3階メイン展示スペース。階段右のガラス円柱はエレベーター。
その向こうにエスカレーター。


TheBroad07.jpg


インテリアのもう一つの大きな特徴は
屋根からの自然光を取り入れていること。

美術品にとって太陽光は最大の敵。
ボクも20年近く前に美術館設計に係わったが
当時、屋根に窓なんて軽く言おうものなら
ものすごい反論にあった。

現在でもそう簡単ではない。
天窓の遮蔽がデジタル制御されていて
はじめて天然光をコントロールしつつ
取り入れられる。
ゲティーセンターもそうだが
これだけでも膨大なお金がかかっている。

訪れる人はそれに気がつかないかもしれない。
単なる形の面白さだけではなく
機能を伴ったこの天井(屋根)形態にも
挑戦が隠れている、ということだ。


TheBroad06.jpg


そんなに大きい美術館ではないので
さっと観れば1時間もあれば終わる。

なので美術品の写真はこれだけ。
あとは個人個人で楽しんでほしい。

上の写真はボクが訪れて気に入った作品。

作品を気にいる理由は人それぞれでいい。
歴史的背景や込められたコンセプトに共感すれば
それでもいいし、
単にフィーリングで
見た目が好きならそれでもいい。

上の作品は他の人にとってはつまらないかもしれない。
ただ、ちょうど訪れた時のボクには
いろいろ伝わってくる刺激があった。
考えていたことを動かしてくれた。
そんな良さは
観るタイミングによっても変わってくる。

好きなように観て、好きなものを良いと言い
それが人それぞれなのがアートの面白さ。


TheBroad08.jpg


一番上の外観写真で
凹んだ部分を内側から見たのが上。

この外壁も、もちろん
最近の3次元形態への挑戦。

ある程度パターン化された
軽量コンクリートのピースを
繋げてできた外壁。
天井も同じようにできている。

ただ挑戦してるだけあって
建設途中で大きな問題となった。

受注した業者が途中で作った
部分的試作が問題外のできで
訴えられる
という事態になった。

それもあって2014年に完成
と言われていたのが15ヶ月遅れたと言われる。

その業者が最終的に終わらせたのか
他の業者になったのかは覚えていないが
建設途中で外壁が見えた時は
「完成イメージとまったく違う」
と大きな批判を浴びていた。

上にリンクした記事にも
レンダリングが載っているが
確かに「軽やかさ」が大いに欠けた。

実際それがビジネス的判断だったのか
技術的な限界だったのか判らないが
この差が、挑戦の結果、ということだ。


TheBroad10.jpg
美術館横にあるレストラン、オティウム。イマイチだった話は後日。


TheBroad09.jpg


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

イサムさん お元気ですか?

こんにちは ご無沙汰しています<(_ _)> yです。

The Broad UPしてくださってありがとうございます!!
2月が誕生月なのでこの記事がプレゼントみたいで
すごく嬉しいです☆彡

あ~この一枚目の写真のBroadの真っ白い壁と空の澄んだ青さのコントラストといったら超LAを想起させる素敵な写真ですね!
あ~飛びたい、飛行機乗ってLAに行きたい!という気持ちがあふれてきました!!

私事ですが、お隣のディズニーコンサートホールを設計した
フランク・ゲーリー展に行っていきました。
LAから戻ってすぐに表参道でこの展覧会のポスターを観た時、東京でLAの思い出の建築と再会できるなんてと感慨深かったです。
トークショーもあったみたいで、ご本人とお会いしてみたかったです。

http://www.2121designsight.jp/program/frank_gehry/gehry.html

こんどはBroadと一緒にディズニーコンサートホールも再び訪れたいです。あとミュージックセンターでお芝居もみたいと。このエリアでも1~2日必要かも~と、楽しい空想を膨らませています。

ではまた(^^)/

言われてみれば

yさんご無沙汰しています。そして誕生日おめでとうございます。

空の青さはずっと住んでいると当たり前になってきて、スモッグのカスミの方が気になったりしますが、言われてよく考えればこの日の空は綺麗な青ですねー。

そうでしたね、やってましたねゲーリー展。友人がFBで写真流してました。LAでも少し前にやってました。ディズニーコンサートホールは包まれるような感覚が良いですよ。

No title

今月17日からカルフォルニアに旅行に行くため、見させてもらいました!とても参考になりました。
一日だけLAのダウンタウンに行くのですが楽しそうなところ多すぎ一日じゃとても回り切れそうにないですね笑
もともと行きたかったステイプルツセンターとファッションディストリクト行ってみようと思うのですが、ここだけは行っとけ!みたいなところあれば教えてください!

確かに1日だと

1日だと確かにあまり欲張れませんねー。ステープルズセンターが夜のイベントなら、ファッションディストリクトをほとほどに切り上げて、(か、逆に朝はやく)もう一箇所というのは可能そうですね。

好みが判らないのでここだけは!というのは難しいですが、ダウンタウンは飲食がかなり充実してるので、美味しいところ、雰囲気が面白いところ試してみてください。あとはアーツディストリクトはやっぱり今アツいですよ。アートが好きなら&観光ミーハー度が高ければ、やっぱりこの記事のブロードも、最新なので。これだけでも完全に挙げすぎですね(笑)。

旅行楽しんでください。
非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント