考える:阪神大震災の義援金より

Category : 2011.3.11 関連
何度か書いているが
細かく読んでいない人のために
阪神・淡路大震災教訓情報資料集(内閣府)より
昨日気になった部分を引用する。

色づけはボクが行った。


第3期・本格的復旧・復興始動期(地震発生後4週間~6ヵ月)
3-02.住宅と生活の再建
【04】義援金
01.義援金は、地震発生当日から被災自治体、日赤、NHK等を通じて集まった
が、地下鉄サリン事件の発生の影響もあって、4月には激減した。
 01) 義援金は、地震発生当日から被災自治体に対してだけでなく、日赤、NHK等を通じて集まった。
 02) 95年4月には3月比で5分の1に激減し「地下鉄サリン事件」の影響も大きかったとされた。
 03) 募金団体が精力的に国民感情に訴えていくことで、募金額の増額は可能だったとの見方もある。

<中略>

03.義援金の第一次配分は、り災証明の認定をめぐる混乱により、当初の予想件数を数倍も上回った。
 01) 1月29日には、死亡者・行方不明者1人あたり10万円、全半壊・全半焼世帯10万円の配分が決まったが、り災証明の認定について混乱・再調査が続き、当初約8万件の予定が2月17日には29万件に達すると見込まれた。
 02) その後、4月21日には重傷者、要援護家庭、被災児童等および住宅助成などの第二次配分が決まった。
 03) 96年7月19日には、全半壊世帯に10万円の「生活支援金」を支給する第三次配分を決定した。
 04) 99年7月には、配分残額について、被災市町の復興等の事業資金に充てること、その後の残金等については関係基金の事業経費に配分すること、といった最終的な精算方針が決定した。◎

 05) 義援金の配分が、被災状況の申告による実態の顕在化を促したと考えられる。☆
04.義援金の位置づけや配分方法が議論となった。
 01) 義援金は住宅被害者への見舞金と住宅再建等の支援金などに80%が配分されたが、他の支援策でのカバーがむずかしい要援護家庭等に重点をおくべきとの指摘もある。
 02) 募金の趣旨から寄付者の意向を尊重するような方法(「ドナーズチョイス」)の導入が必要とも指摘された。
 03) 義援金支給には迅速性も重要であり、状況によっては公平性に優先した柔軟な対応が必要との指摘もある。
 04) 個々の被災者にとっては、義援金支給額があまりに少ないという意見もあった。☆
 05) 第1次配分は迅速な給付を実現できたが、第3次配分の時期は1年以上後となった。▼




今回は阪神大震災と同じではないものの
義援金はこのような時期に
この様な額が分配されると初めて知った。

なぜか勝手に物資等の支援にも
回っていると思い込んでいた。
(言葉の定義の問題か?)

判らない団体に寄付するのは避けたいが
ある程度具体的な活動に寄付したい場合や
早めの支援を期待して寄付する場合は
義援金とは別の方法も考えるべきなのかも知れない。




応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

あたしも初めて知りました。
みんなに広めます。

ありがとうございます!

Re: タイトルなし

> あたしも初めて知りました。

以外と知られてないんだね。こんなの一気に広がっても良さそうなのに。
非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント