Banksy in ダウンタウン

Category : ダウンタウン モノ・コト
Banksy2.jpg


Banksyバンクシー
多分、今世界で一番有名な
ストリートアーティストだ。

ストリートアーティストというより
ボクはゲリラアート職人と呼びたい。

社会風刺画が素晴らしいのはもちろん
ゲリラであるが故に「時間」を常に意識する。
その様はまさしく職人だ。

ストリートアーティストには
名が売れてしまうと
そのゲリラスタイルが陰を潜める人も多い中
彼は常に新しいアートの見せ方を示してくれる。

彼が世界的に名が知れ渡ったのは
メトロポリタン美術館や大英博物館に
勝手に自分の作品を飾り
暫く誰も気が付かずにそのまま展示された時だ。
日本のメディアでもかなり取り上げられた。

イギリスを拠点とする彼だが
ロサンゼルスにも色々アートを残している。

その1つがダウンタウンにある。
ファッションディストリクトと
サウスパークの境、
California Market Centerの横だ。

Exit Through The Gift Shop
という2010年の映画のプロモーションで
ロサンゼルスを訪れた際に残した
と言われている。

彼が余りにも有名なため
ゲリラアートにも係らず
この作品を保護するために
クリアコートが塗られた。

Exit Through the Gift Shop
ボクも観たが、かなり面白かった。
そういう映画(+スタイル)がアリなのか
と観た後の揺さぶられ感は大きかった。
具体的に書くと観た時のインパクトが
半減するので書かないが
アート好きにはかなりお勧めする。

ダウンタウンのすぐ南にも
別の作品があるがそこは
クリアプラスチック版で覆われたと聞く。

ビルボード(巨大広告塔)の広告に
上から絵を書き加えたものは
管理会社によってすぐに外されたが
その価値は多大だと保存運動すら起っている。

この過保護ぶりは正直どうかと思う。
多分彼はこの動きを観て笑っている事だろう。
なんせそもそも勝手にした落書きなわけだから。

違法な事でも説得力があれば
社会は逆にそれを認める、という
かなり強力なメッセージだ。

バンクシーのグラフィーティーに
上から何かを描いてしまうような
勇気と能力のあるアーティストが
そのうち出てくるのも楽しみだ。


     






応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント