数字でみるダウンタウンの人々

Category : ダウンタウン話
The Downtown Center Business Improvement District
(DCBID) が行ったロサンゼルス・ダウンタウンの統計結果が
先日、発表された。
The Downtown Los Angeles Demographic Study 2011

統計は11,000人を超えるダウンタウンの
住人、就労者、来訪者からの答えより。

なかなか面白い結果なので
統計結果の一部を感想を交えてご紹介する。


ダウンタウンには28,861戸、
45,518人の人が住む。

前回の2008年の数字からはどちらも
10%以上伸びている。

住人の平均年齢は33歳。
思ったよりも若い。
働くだけとは違い、住むとなると
子供の学校区等を気にしないで済む
若い人が多いという事なんだろう。

実際近所の人でも数年住んで
家族が増えるに従って
もう少し落ち着いた地域に移って行く人もいる。

4大卒以上は80%。
高い。
一般的に4大の卒業率は
日本がアメリカより少し高く
それでも50%前後。
(統計年度や機関により多少の差がある)
その数字と比べると80%の高さがよくわかる。

それも影響してか
平均収入は$86,300。
こちらも高い。
ロサンゼルスの平均収入は$36,687。

ダウンタウン住人は高学歴、高収入らしい。

ちなみにダウンタウン就労者となると
もっと高く$88,700
世界有数の企業が多く集まっているので
これは判らなくは無い。

ところで余談だがこの様な統計数字には
いわゆる不法滞在や不法労働者の数字は
殆ど含まれてないと思われる。
そのような立場ではやはり数字は渡しにくいからだ。
その辺りはいかにもアメリカで
日本とは大きく違う所だろう。
合法滞在(アメリカ人)だったとしても
ホームレスの数字が含まれているとも思えない。

さて話を戻す。

ペットを飼っているのは43%!
ほぼ半数の人が飼っていることになる。
確かに犬を連れて歩く人を多く見かける。
ダウンタウン住人は寂しがりやなんだろうか。

68%の人が賃貸。
住、職、食、遊が一体となった
ダウンタウン中心のロフトを数年間かりて
若者ライフを十分満喫して
その後家族をつくって郊外に移る、
そんないかにもアメリカ的な像が浮かぶ。

昼食にかける金額は$15.56。
平均でこれは高い。
今は超円高だが、ここ数年の感覚では$1=100円。
平均が1,500円というのを想像してほしい。

一瞬頭に浮かんだ理由は
世界的企業のランチミーティング等。

ダウンタウンの高級レストランでは
ランチ時にスーツを着た人達をよく見かける。
そんな人達のランチミーティングは簡単に$4、50を超え
それが平均を上げていると思った。

ただ落ち着いて数字を観ると
ダウンタウン就労者の平均は$14.05
住人の平均より低い。
どうやら住人の平均が高いのは
ランチミーティングのせいではなさそうだ。

となると、考えられるのは
独身で自由になるお金が多く
お昼にもたっぷりとお金をかけられる、
という事か。

もちろんダウンタウンのランチの値段が高い
という事もあるだろう。
もっと手頃な値段の店が増えて欲しい。

ダウンタウン就労者の男女比は
男:女=36%:64%

女性が男性の倍近く。女性だらけだ。
職場での出会いは男がかなり有利。

最後に参加アクティビティーの平均回数。

ダウンタウン住人から
スポーツイベント=2.0回/年
音楽/シアター(映画と思われる)/ダンス=3.5回/年
美術館/ギャラリー=3.8回/年

ダウンタウン就労者
スポーツイベント=1.9回/年
音楽/シアター(映画と思われる)/ダンス=2.4回/年
美術館/ギャラリー=2.6回/年

ダウンタウン住人は
色々な施設が身近にあるからか
参加回数が就労者(一般LAに近いと思われる)
に比べかなり高くなっている。

逆にそういう事に積極的に参加しいたから
ダウンタウンに住んでいる、とも言えるだろう。


まだまだ他にも色々数字がでているので
興味がある方は上のリンクから
詳しい内容を覗いてみてください。




1日1応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント