超雑談:ピリオドの後のスペース

Category : 雑記
ダウンタウンに全く関係が無い話。

英語で文章を書いている時の話。

皆さんは英語で文章を書いていて
文章が終わり、ピリオドを打ったら
次の文章を書くのにスペースを空けるだろうか?
空けるとしたらいくつ空けるだろうか?

先日、日本人の友人から
英語の文章をチェックしてほしいとメールが来た。

彼は超ブロークンな英語ながらも
日常の会話は彼のコミュニケーション能力で
十分カバーできてしまうタイプ。
ただ、文章や細かいニュアンスとなるとまだ苦手。

その英語をチェックしている時に
内容はさておき、結構基本的な間違えに気が付いた。
彼はピリオドの後、すぐに次の文章を始めていた。

確かに日本語はそうだ。
通常の文章では「。」を打ってすぐに次の文章が始まる。
ただ、残念ながら英語は違う。
文章と文章の間にはスペースを空ける。

と、ここまでは日本人でも多くの人は判る事だろう。
しかしこの先は意外にアメリカ人でも知らない事。

結論から書こう。
現在、主流はスペース1つ
主要メディアの文章はそうなっている。

実はボクも結構最近までスペースを2つ空けていた。
昔そう習った記憶がある。

実はこれ、手動タイプライターの名残だ。
タイプライターを使っていた時代の人や
使っていた人に習った人は
スペースは2つ、と教わっている。

手動のタイプライターは
どんなアルファベットを打とうと
紙が横に進む(ずれる)距離は一定だ。

手動タイプライターを全く知らない人の為に書くと
タイプライターでは一文字打つ度に
その都度一文字づつ紙に印字され、
紙が横にずれる事で次の文字が打てる様になる。
そのずれは構造上常に一定。

つまりどんな文字でも占有する横幅は一定

ところがアルファベットには
"i" や "l" 等、縦に細い文字がある。

例えば "all in one" と打つとしよう。
すると、all と in の間には
元々のスペース1つと
両側の l と i の余白で
スペース1.5分ぐらい空いてしまう。

このような単語間の余白と文章の切れ目を
判り易く区別できる様にスペース2つは生まれた。

ところが現在のPCでは
文字の横幅が一定ではなく
文字と文字の間隔が一定
になる様に出来ている。

そうなると単語間のスペースと
ピリオドを打ってスペースを打った時の間隔は
明らかに違って見えるため
敢えて2つスペースを空ける必要がなくなった。

ちろんスペース2つでも間違えと言う人は少ない。
ただ、もしかすると現在
小学校ではスペース1つを教えているので
そんな人にとってはスペース2つはスカスカ
もしくは意図的なページ稼ぎと思えるのかも知れない。

日本の中学校の先生が
あと10年経っても
「文章と文章の間は必ずスペース2つ!」
なんて教えていない事を願う。

話とぶが、英語で例えば
Can you help me?
となったら読み方は
Can you help me? ↑
と?が付く時は最後を上げると習う。

そしてアメリカではそれが正しい。
ただ、イギリスでは上げない。
フラットのままだ。

何が正しいかは所詮パワーゲームだったりする。
これからアメリカ英語は不正解
中国系、インド系英語が世界標準、
なんて時代は普通に来てしまうかも知れない。

そういえば、少し前の日本のニュースウィークに
かなり面白い英語に関する特集があった。
出た頃、色んな人に勧めて喜ばれたので
今更だがみなさんにも紹介したい。







1日1応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント