LAで500回は通ったホームセンター The Home Depot ホームデポ

Category : ショッピング 一般
The Home Depot
ホームデポ
Website / Map (Wilshire/Union) / Map(Cypress Park)

HomeDepot1.jpg
(Cypress Park)


アメリカのホームセンターで
最大の売り上げを誇るチェーン。

家を建てるのに必要な材料は全て揃う。
広さももちろんかなりある。

日本のホームセンターというと
日用雑貨的なものも多いが
アメリカのホームセンターは
職人が材料を求める店であり、
最低でも簡単な日曜大工や園芸のための店。

そのため取り扱い商品は
大きく、ごついモノが多く
ネジ、釘等の金物以外に小さいものは無い。
例えばペンキ用の大きな刷毛はあっても
絵を描くのに使う様な細い筆はない。


HomeDepot2.jpg
以下写真は別のホームデポ


HomeDepot6.jpg


HomeDepot5.jpg


アメリカのホームセンター好きは
日本からの方でも多いと思うが
ボクはLAに住んでいても確実にその一人。

ちょっと考えてみたら
今までで500回は通っていると思う。
感覚的には平均週1回は通ったと思うので
LA在住15年を掛けると800近くなる。
そんな店はLAでは確実にココだけ。
スーパーですら1チェーンにはそこまで行かない。

職業柄だろう、と思われるかもしれないが
実際、設計(デザイン)をする上で
ホームデポに通う必要は全くない。
ココには比較的一般的なものが多いため。

通う頻度が高いのはやはり職人達だろう。
ボクも自宅の改装を自分でした時は
平均して2日に一度ぐらいの頻度になったが
普段はそこまで通う必要はない。

ボクの頻度が高いのは単に好きだから。
行ってふらふらと眺めて帰ってくる事もある。
家で電球が切れたら真っ先にここに向かう。
ドラッグストアやスーパーではない。


HomeDepot4.jpg


HomeDepot3.jpg


話がかなりそれた。

ホームデポで扱われる商品には
チェーンが大きい故、独自ブランドや
ココでしか扱っていないブランドも多い。

アメリカで日用大工をすると良く見かける
Huskyという道具のブランドがあるが
それもここ、ホームデポの独自ブランドだ。

もう少しつっこむと、Huskyは、
道具業界でかなりメジャーな
Stanley Black & Deckerが持っていたブランドを
ホームデポが買ったものである。

日曜大工好きの日本の友達には良い土産にもなる。


残念ながらダウンタウン内には店舗が無いが
周辺には3店舗ある。
車ならどこも大差ない距離。

歩きなら、Cypress Park店が
ユニオン駅から2駅+徒歩5分。
最寄り駅はGold Lineの
Lincoln Heights / Cypress Park駅。

またWilshire/Union店は
ウィルシャーグランドシェラトン
(Red Line の 7th/Metro Center駅付近)から
直接徒歩でも15-20分程度。
もちろん電車でもバスでも行ける。

ホームデポのより具体的な話はこちら
写真も多数ある。

ちなみにLA郊外にあるホームデポ・センターは
このホームデポがスポンサーの競技場で
ベッカムが在籍するLA Galaxyの拠点。

ーーーーーーーーーーー

下はここホームデポの本で
色々なカテゴリ別のハウツー本。

イラストや写真多数で、
家の改装から庭のデッキ制作等
「家って意外に簡単に出来てるんだ」
と思える程、細かく丁寧に
誰にでも判る様に描かれている。

眺めているだけでも面白く
子供も楽しめてしまう程。
DIY好きなら必ず読み入ってしまう。
かなりお勧めな本。


      


       


      

その他まだまだ多数。


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント