世界文化賞のリカルド・レゴレッタとビル・ヴィオラ

Category : ダウンタウン話
最近、日本やアメリカで
フジテレビ系列のメディアを観ている人は
高松宮殿下記念世界文化賞(ja.wiki
の授賞式が報道されていたと思う。

絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像
の5部門で世界的に優れた人物に授与される賞。

今年の受賞には日本を代表する指揮者の
小沢征爾が入っていた。

それと共に、一般の人が聞き慣れない名前もあったと思う。
その1人がメキシコの建築家
リカルド・レゴレッタ(ja.wiki)。

ロサンゼルスの人でも
一般の方だとピンと来ないと思うが
彼はダウンタウンの
パーシングスクエアーをデザインした人。

ダウンタウンを訪れる際には
そんな人がデザインしてる広場だと思ってみると
またちょっと違って見えるかもしれない。

そしてもう一人の映像アーティスト
ビル・ヴィオラ(ja.wiki)も
映像系ではかなり有名な人だが
この人はロングビーチに住んでいる。

彼の作品を初めて観たのは
LAX周辺であった、あるプライベートな展示で
今でも鮮明に覚えている程インパクトがあった。

それ以来身近で行われる展示には足を運び
うちには彼のビデオやDVDが何本かある。


今年の受賞者はなんだか身近だ。


   




1日1応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント