未来を切り開く LA クリーンテック インキュベーター

Category : ダウンタウン モノ・コト
Los Angeles Cleantech Incubator
La Kretz Innovation Campus
LA クリーンテック インキュベーター
Website
Map


LaKretz2.jpg


LA在住でも知らない人が殆どだと思うが
現在ロサンゼルス市は
ダウンタウンのアーツディストリクトを含めた周辺を
Cleantech Corridor(クリーンテック・コリドー)
と名付け、次世代環境系ビジネスの拠点エリアとするべく
関係ビジネスを積極的に誘致している。

そのエリアを代表する団体の一つとして
Los Angles Cleantech Incubator 通称 LACI が
LA市の団体CRA/LA* やLADWP* の助成により
NPOとして設立された。
*CRA/LA = Community Redevelopment Agency
*LADWP = Los Angeles Department of Water and Power


LACI の目的は
この先のグリーンな技術を引っ張っていく
まだ駆け出しの小さなビジネスに
環境を含めた必要なサポートを提供し
将来この地域をクリーンテックエリアとして
活性化する企業へと育てることだ。

かなり意訳してしまえば
小さな駆け出し環境ビジネス達が集まれる
大きなオフィススペースを提供する。

家賃も共有部分の使用を含めて$300/月からと
スタートアップビジネスにとっては
かなり嬉しい内容となっている。
もちろん周りの人や企業とのネットワーク、
そして受ける刺激は計り知れない。

その本拠地となる場所が
アーツディストリクトのアースカフェの目の前、
現在空き地+レンガのウェアハウスがある場所だ。

La Krets Innovation Campus
と名付けられたその施設は
ウェアハウスが建物となり、
空き地の部分は地域の広場になる予定で、
ウェブサイトに行くとCGが見られる。
(初期のバージョンの様子)

既に何度も周辺住人へ説明会が開かれ
様々な意見交換が行われてきた。

2013年夏にオープンの予定なので
来年辺りから工事が始まるだろう。

現在LACIは建設予定地より
アースカフェを挟んで北側に
仮の場所を構えている。

日本にも埋もれている素晴らしい
クリーンな技術は沢山あると思う。
「まずは日本で」なんて思わず
どんどんロサンゼルスに殴り込みを掛けて欲しい。
声をかけて頂ければ出来るだけのお手伝いをしたい。



そして昨晩は建設予定地のウェアハウスで
プレゼンテーションやパネルディスカッションを含めた
レセプションパーティーが開かれた。

パーティーを覗いてみた所
ジャケットを着た人もかなり多く
スポンサーの関係か、ゲストも蒼々たる顔ぶれで
予想以上に多くの人が期待し
待ち望んでいるプロジェクトであると感じた。

ロサンゼルスは車の都市として
長年環境に様々な負荷をかけて来た。
最近の鉄道や自転車環境の整備や
今回の様な取り組みを観ていると
それを取り戻そうとしている姿が見えてくる。

震災の直後に日本人が大きく考えさせられた
その思いを日本でも消さずに
実際に形にしていかないといけない。


LaKretz1.jpg


1日1応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント