豚角煮フードトラックの店舗版 Flying Pig Cafe

Category : レストラン 一般
Flying Pig Cafe
フライング・ピッグ・カフェ
Web(メニュー、価格、写真有り)
Yelp
Map

FlyingPig1.jpg


リトル東京にあるカジュアルレストラン。

豚の角煮(チャーシュー?)が
ピクルス(たくあんと浅漬け)と共に
中華まんの生地に挟まれ
韓国チリソースの掛かる Pork Belly Bun の店。

元々、ここ数年盛り上がりを見せる
フードトラック(屋台トラック)で人気となり
2011年に店をここに出した。

空飛ぶ豚+ピンクという
どこかで観た記憶のある組み合わせと
白黒を基調としつつポップインダストリアルな店内は
清潔で、なかなか面白く居心地もいい。

ただ、残念なことに日本人にとっては
豚の角煮+中華まん≒肉まん
で、特別な感じはあまりない。

大きさもコンビニの中華まんより小さいが
値段は1つ$4。肉まんを考えると高い。

屋台トラックでの値段がその値段のため
座って食べられる店で
それ以下の値段に出来ないのかも知れない。

男性なら1つでは足りないので
2つ+サイドを頼むとそれだけで$10。
飲み物を飲んでタックスとチップを入れたら
$15を越えてしまう。

肉まん+あんまん+ポテト+ソーダ
を日本のコンビニで買ったら
下手をしたら500円以下だ。
そのギャップ感は日本人には大きい。

Yelpのリビューを観ても
一般のお客の評価もイマイチ良く無い。

苦し紛れかうどんやラーメンも出す様だが
なんだかもうメチャクチャな感じもする。

フードトラックで面白クリエイティブまん等に
集中していた方が良かったと思う。

ここではビール&ワインを出すので
比較的空いた店でゆったり酒を飲み
ちょっと試しにつまんでみる程度が良い。
MON - FRI 5PM – 7PM
のハッピーアワーも良いかも知れない。

因に以前ここで初めて食べた時は
「高いなー」という気持ちが顔にでていたのか
最後に「お店から」と
Pork Belly Bun をサービスしてくれた。

ただ、幾らサービスとはいえ
肉まん2個の後の1つは飽きるし食べきれない。

店の雰囲気は悪く無いし
Pork Belly Bun の味は美味しいだけに
歯車が完全に外れまくったという感じだ。

オーナーの飲食業経験が浅かったのだろう。
近い将来、他の店に変わる気がする。


予算:$10-20(飲み物、食べ物)
服装:カジュアル
駐車:周辺P有り、St.P難

141 S Central Ave
Los Angeles, CA 90013
(213) 621-0300


FlyingPig4.jpg


FlyingPig3.jpg


FlyingPig2.jpg


ホンの一瞬冠に触れたものの
するりと脱げ落ちてしまいました。
是非下のボタンをクリックして
ちゃんとした冠の被り心地をお願いします!
1日1クリック有効です。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント