トレジョーを望む白人だらけのアーツDist

Category : ダウンタウン話
先日、アーツディストリクトに関する
調査の結果が発表され、
中々面白かったのでご紹介する。

ソースはこちら。
Downtown Los Angeles
Arts District Demographic Study
Characteristics, Behaviors and Perceptions


調査の対象は
住人、ビジター、ビジネスオーナー、生徒。

その全ての人がスーパーのTrader Joe's を望み
ホットドッグバーのWurstküche が好きらしい。
確かにボクは正にその一人だ。

そして殆どが白人。
実際ここに住んでいて白人が多いとつくづく思う。
LAは白人だらけというのは完全にTVと映画のイメージ。
実際に住むと判るが、本来50%以上はヒスパニックだ。
にも係らずここはLAが全く反映されない。

さて、もう少し詳しく観てみる。
住人部門では
・アーツDistに平均、約3年住んでいる。
・60%は男
・71%は白人で、15%はアジアンアメリカン
・平均年齢は38歳
・13%はLGBT
・53%は婚姻関係、もしくは同棲関係にある。
・子供が居るのは、ホンの2%。
・86%が学士以上の学歴を持つ。
・89%がフルタイム、またはパートタイムの雇用にある。
・世帯平均年収は$126,300。
・70%が住居を保有し、24%が賃貸。
・住居の半数が住居兼仕事場になっている。

友人に指摘されたが
ボクはかなりここに当てはまる(もしくは近い)。
いわゆる「アーツDist住人」ということだ。

ビジターに関しても
・67%が白人
ということだが、最近のUrth Caffe に関して言えば
ここは中国か韓国という程アジア系で埋め尽くされている。

個人的に非常に残念なのは
住人やビジター共に、男だらけという事。
約2/3は男らしい。

女性が増えるためにも
是非もっとリテール(いわゆるお店)が増えてくれると嬉しい。
トレーダージョーズやホールフーズはもちろん大歓迎だ。


応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

No title

私もこの記事読みました。
アフォードできるなら私もそのあたりに住んでみたい。
あと、女性が増えるには“治安”もあるのでは。
アーティストディストリクトは安全なんだろうけど、、まだなんとなく不安なところも、、。
ワンブロック違うだけでかなり雰囲気もかわりますしね。

返信遅くなりました!

yukiさんこんにちは。いつもコメントありがとうございます&返信遅れてごめんなさい。

確かに、治安のイメージはありますねー。アーツディストリクとも安全な部分は本当に夜中でも女性が犬を散歩させているぐらい安全になってきてますけど、ちょっと道がずれると照明が暗いのも手伝って、恐いですしね。

ただ、それぐらいの方が変に流行ってしまうよりあまのじゃくなボクとしては嬉しかったりもしますけど。(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【トレジョーを望む白人だらけのアーツDist】

先日、アーツディストリクトに関する調査の結果が発表され、中々面白かったのでご紹介する。ソースはこちら。Downtown Los Angeles Arts District Demographic Study Characteristics, Behaviors and Perceptions調査の対象は住人、ビジター、ビジネスオーナー、生徒。そ?...
 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント