予想の遥か上、メキシカン系レストランバー Bar Amá

Category : レストラン 一般
Bar Amá
バー・アマ
Web(メニュー、価格有り)
Yelp
Map

BarAma1.jpg


ヒストリックコア
4th St. 沿いにあるレストランバー。

2012年の12月にオープンしたばかり。
オーナーはダウンタウンに
Baco を開いた人気シェフ。

訪れる前からオープンの話は聞いていて
ウェブサイトでメニューを見ると
メキシカン系な内容。

ロサンゼルスにはメキシコ移民が多く
美味しいメキシカンレストランも星の数程。
そして大抵どこも安い。

そんな中、ここのメキシカンは
メニューを観る限りかなり高い。
「雰囲気があったとしても
今更メキシカンにこの値段は払いづらい」
と思っていた。

ところが少し前に著名グルメライターが、
ここは高いと言われるがその価値はある
という事を書いていたのを読んで
好奇心が復活していた。

訪れてみて判ったのは
ここの料理はメキシコ系ではあるが
実際 Tex-Mex と呼ばれ
テキサスでアメリカナイズドされたメキシカン。

確かに出てくる料理はいわゆるメキシカンではなく
メキシコ系創作とも呼べる様なもの。
一般的なメキシカンにひと手間、ひと味加えた感じ。
メキシカンの重さはなく繊細な味付けだ。

皮を揚げてあるタコス、Puffy Tacos が良い例で
皮が揚がっているだけでこんなに変わるのかと驚く。
もちろん微妙な素材や調理方法の違いもあるだろうが
とにかく旨い。

他に試した数品どれもが
慣れ親しんだメキシカンな感じはありつつ
ちょっと気が利いている。

店内はBaco とほぼ同じで、暗めなロフト風。
高い天井にむき出しのダクトやパイプが這い
コンクリートの壁や柱には仕上げとして
流行のリクレイムド・ウッドのサイディングと
気のきいたタイルが貼られている。

ダウンタウンらしいと言えばらしいが
最近多いタイプなので飽きる人も居るだろう。

ただ、ボクはこんな空間が好きで落ち着く。
変に装飾ばらないラフでロー(生)な空間は
正直なバックグラウンドとして静かにしていてくれる。
ラフそうでいて繊細なデザインが施されている。

平日の夜、それも夕食後の時間にも関わらず
店内は30代、40代のいかにもダウンタウナーで
ほぼ満席近い状態だった。

味も人気も、良い意味で
予想を大きく裏切ってくれる店となった。


予算:$15-40(飲み物、食べ物)
服装:カジュアルオシャレ
駐車:周辺P有、St.P難-可

118 W 4th St
Los Angeles, CA 90013
(213) 687-8002

Mon - Thurs: 11:30-2:30 / 5:30pm-11pm
Fri - Sat: 11:30-3pm / 5:30pm-12am
Sunday: 11:30-3pm / 5pm-10pm


BarAma2.jpg


BarAma3.jpg
Spicy Potato Chips の名で出て来たのがこれ。良い意味で期待を裏切る。


BarAma4.jpg


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント