時間をお金で買うメトロ・エクスプレスレーン FasTrak

Category : ダウンタウン話
FasTrak1.jpg


ロサンゼルスの主要フリーウェイが
複数通り抜けるダウンタウン。

そのうち、I-10 と I-110 *というフリーウェイには
元々カープールレーンという車線がある。
正式名はHOV (High Occupancy Vehicle) レーン。
* I = Interstate の略

カープールレーンは一番左にある車線
(右側通行なので一番速い車線側)で
複数人乗車の場合のみに使える車線。

車社会のLAでは通勤通学殆どの車が
1台に一人しか乗っていない。

そのため何処のフリーウェイも渋滞がヒドく
その緩和策として複数人乗車(乗り合い)を
奨励するためにこの車線がある。

観光でレンタカーをすると
この車線に戸惑う人もいるかも知れないが
アメリカ在住の人には一般的なシステムだ。

LAではピークアワーの一部を除いて
大抵カープールレーンは空いていて
この車線を使えると運転時間もかなり短縮できる。

ただ、日常生活の通勤、通学では
やはり人と行動を合わせるのは難しく
結局殆どの車が1人乗車というのが現状だ。

つまりカープールレーンの利用率が
それほどまで高くない。

それをより有効に利用しようと
去年から試験的に始まったのが
メトロ・エクスプレスレーン FasTrack システム

ダウンタウンを基点に
I-110の南、I-10の東で設定された
一部カープールレーンを
お金を払う事で1人乗りでも利用できるシステム。

料金は混雑度と時間帯、走行区間で計算される。
走行時の料金は入り口前の電光版で確認ができる。

そもそもそんなに長い区間ではないので
ボクが利用する事の多い I-110 を例にとると
ピークアワーに全区間を走ったとしても $5 程度。
少し外した時間では $2-3 で走る事ができる。
もちろん一部区間のみの走行ならもっと安い。


FasTrak4.jpg


料金の徴収は FasTrak Transponder と呼ばれる
10cm x 10cm 程度の機器をフロントガラスに設置し
それが車線に設置されたセンサーに探知され
事前に FasTrak を登録した口座から行われる。

トランスポンダーには人数設定のスイッチがあり
1人に設定すれば料金は発生するが
2人以上乗車の際には設定により料金が発生しない。
また I-10 ではカープールでの無料利用は
時間帯によって3人以上となっている。

ボクもサービス開始当初は、
「多少渋滞を回避しても実際の時間短縮は数分」
とそれほど興味はなかった。
ただ、カープールレーンとして利用するのにも
FasTrak トランスポンダーが必要なため
購入し、一度試しに使用してからは
その快適さに「気持ち良さを買う」と
予想以上に使う様になった。

もちろん遅刻しそうになってる時には
この選択肢があるのは最高だ。

現在の試験施行でいい結果が出ているか判らないが
LA中にこのシステムが広がってくれれば嬉しい。


FasTrak2.jpg


FasTrak3.jpg


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント