カップケーキブームの火付け役 Sprinkles Cupcakes

Category : カフェ・デリ・ダイナー
Sprinkles Cupcakes
スプリンクルズ・カップケークス
Web
Yelp
Map

Sprinkles3.jpg


シティーターゲット等が入る
ファイナンシャル・ディストリクトのモール
Fig @ 7th に入るカップケーキ屋。

2005年にビバリーヒルズ店がオープンし
瞬く間に人気が出て
暫くの間は店の外に行列が絶えない程だった。
そのダウンタウン店が今年の3月にオープンした。

BH店の開店当初程の爆発的人気は陰ったが
それでもご覧の通り、常にお客が並ぶ。


Sprinkles2.jpg


一般にカップケーキはマフィンの上に
クリームを塗っただけのもので昔からあるが
ココがそのレベルをワンランク上げた。

まずは見た目が可愛らしい。
カップケーキ自体はもちろん
店舗や包装のデザインにも徹底的にこだわり
ブランディングがしっかりできている。

そして味が一般のカップケーキに比べて確実に良い。
通常バサバサなマフィン部分はしっとりとして
上のクリームは程よく甘い。

それでも微糖派の日本人には十分甘いかも知れない。
アメリカの味付けに慣れた、元々甘党のボクには丁度いい。
もちろん一緒にコーヒーは欠かせないけれど。

今まで手作り感の強かったカップケーキが
一気にギフトにもし易いデザートになった。

アメリカにはおやつにケーキを食べる習慣がない。
「お茶」の文化が殆どないためだろう。
ケーキはあるがあくまで夕食のデザート感が強い。

そのためにカフェでケーキを出す所も少なく
日本ではそこら中にあるケーキ屋も、ここには殆どない。

そんな中、ペーストリーやマフィン以上の
ちょっとしたギフト(土産)にもなる
オシャレで美味しいカップケーキは
丁度人が待ち望んでいたものだったのだろう。
人気が出る理由がなんとなく判る。

ダウンタウン店のここでは
職場に差し入れする客も多いだろう。

店内に食べられるスペースはないが
モールのフードコートが下にあるため
そこに持って行けば気持ちよく食べられる。

アメリカらしいものを試したい方にはお勧めだが
日本の手のこんだ繊細なスイーツとの比較は
確実に日本に軍配があがると思う。

写真では判りづらいが
1つ直径8センチ程。
それなりのボリュームがある。


予算:$3.5/cake(税別)
服装:カジュアル
駐車:専用P有り($1/hr)、St.P難

735 S Figueroa St
Ste 210
Los Angeles, CA 90017
(213) 228-2100


Sprinkles4.jpg


Sprinkles5.jpg


Sprinkles7.jpg


Sprinkles1.jpg


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント