正直屋のあとに懐かしいゲーセンバー Eighty Two

Category : バー
Eighty Two
エイティー・トゥ
Web / Yelp / Map

EightyTwo1.jpg


またまた隣人がアーツディストリクト
面白いバーをオープンした。

かつて正直屋という
日本の古本屋があった場所。


それにしても本当に隣人達の行動力には脱帽する。
アーツディストリクトにお店を開いた隣人だけでも
POKETO (Ted Vadakan & Angie Myung)
Apolis Common Gallery (Shea & Mary Parton)
Urban Raddish (Carolyn Paxton)
がいる。

アーツディストリクトを単に自分が住む街でなく
自分達でより良い街にしていく姿勢が嬉しい。

そういえば、横浜にもそんな友達が居たなぁ。
ついでになるけれど、ご紹介。
Motomachi×port
ヨコハマの自転車乗りが主張する安全な自転車生活とは?
そうだ神戸にアツいヤツもいたのでこちらも。
神戸R不動産


話しが大きくそれたが
このバーの特徴は写真の通り
かつてゲーセンで見掛けたゲーム達。

当時アメリカのゲーセンはアーケードと呼ばれ
それにバーを掛けて
ここをバーケードと呼んだりしてる様だ。

パックマンやピンボールから
ストリートファイターもある。

バーカウンターの上には
そのストリートファイターの戦いが
プロジェクターで映し出される。

かつての日本のゲーセンには
テーブルのゲームが多かったが
アメリカでは写真の様にブース型が殆ど。

当時のゲーム代25c(クオーター)を
プレイする順番を確保するために
画面の下に並べて、人のプレイを覗き込む。
そんな光景がまさに上の写真の様にあった。

今よみがえった懐かしいゲーム達は
当時の値段でプレーが出来る。
ウェブサイトに値段が載っているが
高くても75cと、懐かしい値段設定。
その分、バーがダウンタウン価格ではある。

かなり大きなスペースに予想以上のゲーム機と
ピンボールが並び、真ん中のパティオは気持ちいい。

一つだけ残念なのはこのグラフィーティー
無くなってしまった事だろうか。


予算:$8- $15(飲み物)
服装:カジュアル
駐車:周辺P有り、St.P可

707 4th Pl
Los Angeles, CA 90013
(213) 626-8200


EightyTwo2.jpg


EightyTwo3.jpg


EightyTwo4.jpg


応援クリック宜しくお願いします。
クリック先にLA情報ブログが沢山あります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
関連記事

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

 
Facebook
カテゴリ
プロフィール

イサム

Author:イサム
1996年に東京からLAに移り、2008年より現在までダウンタウンアーツディストリクト在住。幼少のNYを含めてアメリカ生活約25年。建築デザインの事務所をしています。
Isamu_laをフォローしましょう

検索フォーム
最新記事
最新コメント